PR
写真●日本郵政の西川善文社長
写真●日本郵政の西川善文社長
[画像のクリックで拡大表示]

 日本郵政の西川善文社長は2008年12月25日、翌年1月5日に予定するゆうちょ銀行の全銀システム(全国銀行データ通信システム)への接続について「最後の山場であるシステム移行が残っているが、1月5日にシステムがダウンする心配は少ないと認識している」と語った。

 現在、ゆうちょ銀から送金ができる金融機関は、相互のシステムを直接接続しているシティバンク銀行など一部に限られている。2009年1月5日の全銀システム接続後は、銀行、信用金庫、信用組合など1499社(2007年6月末時点)の金融機関と相互送金ができるようになる。

 ゆうちょ銀は2009年1月1~3日にATM(現金自動預け払い機)を停止し、全銀システムへの接続とテストを実施する。西川社長は「ここ数カ月、テレビCMなどで顧客への周知に力を入れてきた。ATMが利用できないことによる大きな混乱は起きないだろう」と語った。