PR

 米Adobe Systemsと米Intelは米国時間2009年1月5日,「Adobe Flash」技術を家電機器(CE)向けメディア・プロセサ「Intel Media Processor CE 3100」に移植/最適化する計画を発表した。両社はIntel製デジタル家電プラットフォームへのリッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)実行環境「Adobe AIR」の移植/最適化でも協力する。最適化版の携帯電話向けFlash動作環境「Adobe Flash Lite」に対応したCE3100は,2009年半ばには出荷を始める予定。

 両社は,CE3100に最適化させたAdobe Flash Liteと「Adobe Flash Player」を開発する。これにより,CE3100を搭載するセットトップ・ボックス(STB)や光学メディア・プレーヤ,デジタル・テレビなどの各種AV機器で,FlashベースのWebコンテンツや高精細ビデオが利用しやすくなる。

 CE 3100(開発コード名は「Canmore」)は,家電機器にメディア処理機能を付加するためのシステム・オン・チップ(SoC)製品。高精細ビデオ,ホームシアター向け音声,3次元(3D)グラフィックスなどの処理が得意という。クロック周波数800MHz/3チャンネルのDDR2メモリー・コントローラ,2つのオーディオ処理用マルチチャンネルDSP,ユーザー・インタフェース(UI)/電子番組表(EPG)描画などに使える3Dグラフィックス・エンジンを備え,USB 2.0/PCI Expressに対応する(関連記事:Intelが家電向けメディア処理SoC「CE 3100」を発表)。

 AdobeはFlash技術のオープン化を進めており,パソコンや携帯電話機などさまざま機器でFlashコンテンツ/アプリケーションを利用可能とするための活動「Open Screen Project」に取り組んでいる(関連記事:AdobeがFlashをオープン化,コンテンツやアプリを様々な機器で利用可能にAdobeの新機軸,Flash/AIR/モバイルのオープン化戦略が与える恩恵とは)。Intelは同活動に参加するとともに,Adobe AIRの推進にも協力する方針(関連記事:【CES2008】「Adobe AIRでOSを問わない開発が実現する」と「Intel」のCEOが宣言)。

[発表資料へ]

■変更履歴
発表日付を米国時間209年1月5日としていましたが,正しくは米国時間2009年1月5日です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2009/01/06 13:20]