PR

 Microsoft Outlook用プラグイン・ソフト「Xobni」を手がける新興企業の米Xobniは米国時間2009年1月5日,シリーズB投資ラウンドを完了し,700万ドルの資金を調達したと発表した。今回の投資には,米Cisco Systemsが新たに参加したほか,以前から投資している米Khosla Ventures,米First Round Capital,米Baseline Ventures,英Atomicoも参加した。

 Xobniは,Outlookで受信した大量のメッセージを分析し,効率的に目的の情報を取得できるようにするソフト。2007年9月に限定ベータ版をリリースし,2008年5月に一般公開した。これまで150万回以上ダウンロードされているという。LinkedInやFacebookといったソーシャル・ネットワーク・サービス,Yahoo! MailやSkypeなどのコミュニケーション・サービスとも,Outlookとの連携に関して戦略的提携を結んでいる。