PR

 米Yahoo!は2009年1月7日(現地時間),インターネット接続対応テレビなどの家電製品向けYahoo! Widgetを正式発表した。Yahoo! Widgetに対応した家電製品は,インターネットで提供されているサービスやコンテンツを利用しやすくなる。また,米Intelの協力の下,コンテンツプロバイダーや家電メーカー,広告関連事業者などの開発者を対象に,Widget開発キット(WDK)の配布を同日より開始した(発表資料)。

 Yahoo!は今回の取り組みを推進するにあたり,韓国Samsung Electronicsとソニー,韓国LG Electronics,米Visioの家電メーカー4社と提携しており,2009年の春からインターネット接続対応テレビをはじめとする様々な対応機器が世界中で発売される予定である。

 Yahoo! Widgetのエンジンは,パソコン向けのWidget実行環境である「Konfabulator widget platform」が元になっており,家電機器向けに再設計されている。今回提供する開発キットは,JavaScriptやXML,HTMLといった標準技術をサポートしており,人気のあるインターネットサービスに対応したWedgetを短期間で開発できるという。

 Yahoo! NewsやYahoo! Weather,Yahoo! Video,Flickrなど,Yahoo!が提供する人気サービス用のWidgetを開発中であるのに加え,eBay,MySpace,CBS,The New York Times,Netflix,Amazon,Blockbuster,Showtime,USA TODAY,Twitterなどのコンテンツ事業者も各社サービス用のWedgetを開発中であるという。