PR
Likewise Enterprise新版で追加された管理コンソール
Likewise Enterprise新版で追加された管理コンソール
[画像のクリックで拡大表示]

 東陽テクニカは,Linux/UNIXやMacなどが混在した環境を,WindowsのActive Directoryで一元管理できるようにするミドルウエアの新版「Likewise Enterprise 5」を,2009年1月13日に出荷する。価格は4万8000円(税別)から。開発会社は,米Likewise Software。

 Likewise Enterpriseは非Windows OS環境で動作する専用のエージェント・ソフトと管理コンソールで構成する。ユーザー認証と各種グループ・ポリシーの運用など,Linux/UNIX機であってもWindows機と同等の管理ができるようになる。

 新版での主な機能強化点は4つある。1つはWindows Server 2008のActive Directoryに対応したこと。2つめはLinux/UNIX機がデフォルト設定で標準的に生成するログ情報を蓄積/変換し,ログ管理に活用できるようにしたこと。3つめは,Linux/UNIXのGUI環境で稼働する管理コンソールを追加したこと。4つめは,Mac OSの統合管理機能であるWorkgroup Managerと連携し,Active DirectoryによるMacintosh環境の管理を容易にしたことである。