PR

 独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)職員が自宅のパソコンでファイル交換ソフトを使用したために情報が流出した問題(関連記事)で、流出情報の中に西武百貨店の社員情報が含まれていたことが分かった。西武百貨店が2009年1月7日に発表した。

 外部流出が判明したのは、西武百貨店の2000年当時の社員6296人分のデータなど。社員データには当時の所属と氏名、メールアドレスの一部が含まれている。

 西武百貨店は2000年に社員用OA研修システムの開発を外部のシステム開発会社に委託。今回情報を流出させたIPA職員は当時、このシステム開発会社に在籍して同システムを担当していた。開発において入手した西武百貨店の社員データなどを自宅のパソコンに保存していたと見られる。