PR
写真1●VIERA上でVODサービス「Amazon Video On Demand」を視聴する利用イメージ
写真1●VIERA上でVODサービス「Amazon Video On Demand」を視聴する利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●VIERA CASTのサービス内容
写真2●VIERA CASTのサービス内容
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2009年1月7日(米国時間),米Amazon.comと提携し,VODサービス「Amazon Video On Demand」に同社の「VIERA」シリーズを対応させると発表した(写真1)。4万タイトル超のコンテンツを1.99ドルからの課金で視聴できるようにする。

 Amazonとの提携は,1月8日に開幕する家電展示会「2009 International CES」に先立ち米Panasonicが開催した事前説明会で明らかにしたもの。2009年前半に,対応製品を北米で投入する。日本国内での提供は未定。なお国内では,YouTubeの視聴機能を「テレビでネット」として2008年9月に製品化している。

 VIERAシリーズのインターネット接続機能「VIERA CAST」は,これまではYouTube動画の視聴などに対応していた(写真2)。新たにAmazon Video On Demandに対応することで,4万超のタイトルの中から好きなコンテンツを最大1.2Mビット/秒のビットレートのH.264動画として視聴できるようになる。料金はレンタルで1.99ドルから,購入で9.99ドルからとなっている。