PR

 米News傘下の米Fox Interactive Media(FIM)が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「MySpace.com」は米国時間2009年1月7日,ブロードバンド対応テレビで同SNSにアクセスするためのウィジェット「MySpace Widget for TV」を発表した。テレビからMySpace.comの各種機能が直接使えるようになるため,パソコンなどのない環境でもSNSを活用できる。

 MySpace Widget for TV搭載テレビは2009年中に利用可能になる見込み。東芝が対応製品を計画しており,ネバダ州ラスベガスの家電展示会「2009 International Consumer Electronics Show(CES)」(1月8~11日)で関連デモンストレーションを実施する。

 同ウィジェットは,米Intelと米Yahoo!のテレビ用アプリケーション・フレームワーク「Widget Channel」上で動く。対応テレビからMySpace.comにアクセスし,友人の更新情報やステータスの確認,メッセージの読み書き,自分のステータス更新,写真/プロフィールの閲覧などが実行できる。シングル・サインオン機能「MySpaceID」の利用も可能(関連記事:MySpace、他のSNSとデータを共有する「MySpace Open Platform」を発表)。

 テレビの画面下部に「MySpace Dock」と呼ぶ領域を出すと,MySpace.comの最新情報を表示しておける。同領域のアイコンをクリックすると「MySpace Sidebar」が開き,さまざまな操作が行える。

 同ウィジェットの開発には,IntelとYahoo!が協力した。家電機器(CE)向けメディア・プロセサ「Intel Media Processor CE 3100」に対応している。

[発表資料へ]