PR
Windowsアプリケーションとして実装したe-Discovery画面
Windowsアプリケーションとして実装したe-Discovery画面
[画像のクリックで拡大表示]

 シマンテックは,Exchange ServerなどWindows環境のメール・システムに適したメール・アーカイブ・ソフトの新版「Symantec Enterprise Vault 8.0」を,2008年12月26日に出荷した。価格はオープン。社員1000人規模の会社でe-Discovery(電子情報開示)用途で用いる場合に600万円程度。

 Enterprise Vaultは,Exchange Server/OutlookやDominoなど,メール管理機構を自前で備えるメール・システムと連携して動作する。これにより,メールの管理機能やアーカイブ済みのメールに対するアクセス性などを高めている。ライセンス・パッケージによっては,メールに加えて,ファイル・サーバー上のファイルなどもアーカイブ対象とする。

 新版では,従来版と比較して,(a)メール/ファイル単位でのデータ重複排除機能を高めてアーカイブ量を削減したほか,(b)ユーザー・インタフェースの改善や検索機能の強化などにより,データへのアクセス性を高めた。

 (a)データ重複排除では,メール・サーバーがアーカイブ用に記録したメールや個人のメール・ボックス,ファイル・サーバーなど,異なる複数のデータ・ソースをまたいで同一メール/ファイルの重複を排除する。(b)アクセス性の向上では,例えばe-Discovery画面を,以前のWebアプリケーションからWindowsアプリケーションへと切り替えて操作性を高めた。これにより,マウスを数回クリックするだけで,目指すメール/ファイルを突き止められるとしている。

 用途に応じて4つのライセンス・パッケージを用意した。(1)「Storage management」は,Exchange ServerやDominoのメールボックスを管理する。(2)「E-Discovery」は,e-Discovery(電子情報開示)用途。(3)「File System Archive」は,ファイル・サーバー上のファイルをアーカイブする。(4)「Sharepoint Archive」は,コンテンツ管理ソフトであるSharePoint Serverのコンテンツをアーカイブする。