PR

 インドのInfosys Technologiesは現地時間2009年1月13日,2009会計年度第3四半期(2008年10?12月)の決算を発表した。連結売上高は11億7100万米ドルで,前年同期の10億8400万ドルに比べて8.0%増,為替変動の影響を除いた場合は14.6%増だった。

 純利益は3億3200万ドルで,前年同期の3億1200万ドルに比べて6.4%増だった。ADS(米国預託株式)の1株当たり利益は0.58ドルで,前年同期の0.55ドルから5.5%増。

 Infosysグループが同四半期に獲得した新規顧客は30社。純増従業員数は2772人で,2008年12月31日時点の総従業員数は10万3078人となった。

 同時に発表した2009会計年度第4四半期(2009年1~3月)の連結売上高見通しは11億2800万~11億7000万ドル。前年同期比で1.2%減~2.5%増,為替変動の影響を除くと4.7~8.6%増。ADSの1株当たり利益は前年同期と同じ0.55ドルを見込む。通期(2008年4月~2009年3月)の業績見通しは,連結売上高が46億7000万~47億1000万ドル(前年比11.8~12.8%増,為替の影響を除くと15.6~17.6%増),ADSの1株当たり利益は2.23ドル(同9.9%増)を見込む。

[発表資料へ]