PR

 通販大手のニッセンは中国でのショッピングサイト事業拡大を目指し、中国のインターネット検索大手Baidu(百度)と戦略提携に合意した。持ち株会社のニッセンホールディングスが1月13日に発表した。

 Baiduが2月上旬よりサイト上にニッセンの専用コーナーを設け、中国のインターネット利用者にニッセングループの海外顧客向けショッピングサイト「JSHOPPERS.com」を紹介する。Baiduには1日平均で1億超の利用者があり、ニッセングループのサイトへ安定的に一定規模の利用者の流入が見込めるという。ニッセンは利用者の流入数に応じた対価をBaiduに支払う。

 またニッセンは中国でインターネットプロモーションを行う際、Baiduのブランドロゴを使用する。両社は今後、中国でダブルブランドによるショッピングサイトを展開する予定。これによりニッセンは中国で自社ブランドの認知度や信用度を高める狙い。

 このほかニッセンとBaiduは、定期的にサイト改善のための協議、分析を行う機会を設け顧客獲得効率の向上を図る。

■関連情報
・ニッセンのWebサイト http://www.nissen.co.jp/