PR
楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏
楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天は2009年1月14日、「楽天市場」出店者向けイベント「楽天新春カンファレンス2009」を開催。同社代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、出店者を対象にした講演「世界を見れば日本が見える」で、「東アジアという近いところに、巨大なマーケットがある」と出店者へ国際展開を促し、「5年以内に日本と海外の売り上げ比率を同等にしたい」と目標を語った。

 冒頭、小売り市場全体においてEC(電子商取引)が占める比率を米国と日本で比較したデータを提示。三木谷氏は「米国ではECが3.64%を占めるのに対して、日本はその半分以下にとどまっている」と指摘した。データを踏まえた上で、日本のEC化率は米国と同程度まで伸びる可能性があり、市場規模が広がる余地があると説明した。

 続けて、EC市場を伸ばすために楽天が取り組んでいる施策として、ボーナスシーズンに合わせて展開したキャンペーン「ボーナスサンデーナイト」、楽天市場におけるケータイの利用状況、海外市場の開拓などを紹介した。

 楽天市場では、ケータイからの売り上げが前年比50%増の勢いで伸びている。一方、パソコンからは前年比で20%以下の増加にとどまっているという。2009年の元旦は、ケータイからの注文額が売り上げ全体の25%を占めた。三木谷氏は「いずれ、ケータイとパソコンの売り上げの比率は同等になる」と将来の予測を語った。

 次に三木谷氏は、「出店店舗は楽天市場の国際配送などの仕組みを利用して、海外展開をすればさらに市場は広がる」と続けた。楽天市場では、現在12の国と地域への国際配送に対応しているが、香港、台湾、中国、韓国からの受注は日本人ではなく各国と地域の人の利用率が高いという。そうした利用状況を例に挙げ、「東アジアという近いところに、巨大なマーケットがある」(三木谷氏)と出店者に国際展開を促した。

 今後は、インドの富裕層などをターゲットに海外市場を広げ、「5年以内に日本と海外の売り上げ比率を同等にしたい」と目標を掲げた。