PR

 米Googleは米国時間2009年1月14日,企業向け有償オンライン・アプリケーション・サービス「Google Apps Premier Edition」の販売代理店制度「Google Apps Authorized Reseller Program」を全世界で開始すると発表した。販売代理店として認定された技術ソリューション・プロバイダは,2009年第1四半期中にGoogle Appsの販売を開始できる。

 Google Appsの認定販売代理店は,Google Apps Premier Editionの各サービスをそのまま再販するほか,顧客向けにカスタマイズしたりサポート・サービスを提供したりできる。料金はGoogleを経由せず顧客から直接徴収する。

 認定販売代理店に対し,同社は販売/マーケティング支援用のトレーニング,サポート,資料,ツールを提供する。Google Appsをほかのシステムと連携させるためのAPIも用意している。既に販売代理店制度の試験運用を始めており,世界各地で50社以上のソリューション・プロバイダが参加した。

 Google Apps Premier Editionは,Webメール「Gmail」,スケジュール管理「Google Calendar」,オフィス・アプリケーション「Google Docs」,コラボレーション「Google Sites」,インスタント・メッセージング(IM)「Google Talk」,ビデオ検索「Google Video」の企業向けサービスで構成する。

[発表資料]
[Google公式ブログへの投稿記事]