PR
写真●サイファー・テックの吉田基晴代表取締役社長
写真●サイファー・テックの吉田基晴代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 サイファー・テックは2009年1月15日,企業の採用活動での利用に特化した情報漏えい対策サービス「安配PDF for 応募者情報」を発表した。

 近年の採用活動では,履歴書や職務経歴書を電子データでやり取りすることは一般的となっている。これらの電子データは応募者の連絡先や経歴など重要な個人情報を含むため,「万が一,関係者外に流出した場合も想定した対策を講じておくことが望ましい」(サイファー・テックの吉田基晴代表取締役社長,写真)。

 安配PDF for 応募者情報は,PDFファイルを電子メールに添付して送信する際に,ファイルを暗号化して,電子メールを受信した人しかファイルを閲覧できないように制限をかけるサービス。閲覧可能な期間や回数,ファイル閲覧中の画面のキャプチャ禁止を設定することもできる。電子メールの誤送信などで添付ファイルが外部に流出した場合でも,メール受信者にしか閲覧できないため,不特定多数への情報漏えいを防ぐことができる。

 同サービスは「採用担当者が社内の関係者に宛てて,履歴書や職務経歴書など個人情報を含むPDFファイルを電子メールで送る場合の利用を想定している」(吉田基晴氏)。企業の採用シーンでは,人事部の採用担当者が,採用権限のある関係者に応募者の書類審査を依頼することが多いという。

 同サービスは,暗号化や利用可能な操作の管理はクライアント・ソフトで提供し,権限のライセンス認証をASPサービスとして提供する。クライアント・ソフト上で,添付するPDFファイルと電子メールの送信先を指定すると,電子メール・ソフトウエアと自動連携して,暗号化されたPDFファイルを添付した新規メールが作成される。メール本文には認証に必要なIDが自動的に挿入されている。電子メールの受信者は,同社が運営するライセンス・サーバーにアクセスし,IDを入力して認証を受けてから復号し文書を表示できる。ファイルを閲覧する際は,復号のために同社が無償で提供しているソフトウエア「CypherGuard for PDF」をダウンロードする必要がある。また,閲覧はAdobe Reader 7.0以上の日本語版または英語版でのみ可能。

 同サービスの月額利用料金は,1カ月のライセンス認証数100までの「お手軽プラン」が5万2500円,ライセンス認証数無制限の「使い放題プラン」が31万5000円。いずれのプランも契約時に初期費用5万2500円が必要。対応する電子メール・ソフトは,Outlook Express 6,Windowsメール,Outlook 2003/2007,Shuriken 2007/2008,Becky! Internet Mail version 2。