PR

 インフォテリアは2009年1月20日、企業内に散らばったマスターデータを仮想的に統合し、追加や更新などの作業を一元的に管理するソフトを発表した。同日付で出荷を開始する。

 ソフトの名称は「ASTERIA MDM One MI」。エンタープライズ事業部の山崎将良 企画部製品戦略マネージャは「システムごとに実施していたマスターデータの入力・変更・更新などの作業を、一つのフロントから実施できるのが特徴」と話した。

 インフォテリアは昨年、マスターデータを連携するためのハブとなる製品「ASTERIA MDM One MH」を発売した。この製品は複数のシステムに分散したマスターデータを仮想的に統合する機能を備える。定期的に個別システムのマスターデータの状態を確認しているため、社内のマスターデータの状況を一望できる。

 今回発表したMIはMHと組み合わせて使う製品だ。MHを介して収集したマスターデータの情報を見ながらMIで追加や更新作業を実施し、その結果をMHを介して個別のシステムに反映させる。

 マスターデータを更新する際の承認手続きもシステム内で実施することができる。例えばある社員が実施しようとしたマスターデータの更新作業を、その上司に当たる課長、部長の2人の承認が下りた後に反映するといったことが可能だ。

 ASTERIA MDM One MIの販売価格は300万円からで、マスターデータの数によって価格が変わる。インフォテリアは目標として、ASTERIA MDM One製品全体で3年後に6億円の売り上げを目指す。