PR
3rdRail 2.0
3rdRail 2.0
[画像のクリックで拡大表示]
TurboRuby
TurboRuby
[画像のクリックで拡大表示]

 エンバカデロ・テクノロジーズは2009年1月20日,Ruby on Rails統合開発環境(IDE)の新版「3rdRail 2.0」日本語版と,Ruby統合開発環境「TurboRuby」日本語版を発売した。両製品とも年間ライセンス形式で販売する。

 3rdRail 2.0はテストやパフォーマンス・チューニング機能の強化に注力したという。プロファイリング機能やRubyテストランナーなど,のための機能を新たに備えた。従来と同様,プロジェクトの相互依存関係を可視化する依存関係ビュー,入力した文字の続きを推測し候補を表示するインテリジェントコード補完,リファクタリングなどの機能も持つ。

 TurboRubyは,3rdRailからRails開発のための機能を削減し,Ruby自体の開発に特化,価格を抑えた。

 価格は,3rdRail 2.0の1年間ライセンスが税込1万8900円。TurboRubyの1年間ライセンスが税込9450円。