PR

 米eBayは米国時間2009年1月21日,2008年第4四半期の決算を発表した。売上高は20億4000万ドルで,前年同期の21億8000万ドルから7%減少した。純利益は3億6700万ドル(希薄化後の1株当たり利益は0.29ドル)で,前年同期の5億3100万ドル(同0.39)から31%急落した。業績悪化の理由としては,ドル高によるオークション・サイト「eBay」の不振と世界的な景気低迷を挙げている。

 営業利益率は22.3%で前年同期の28.7%から低下した。営業キャッシュ・フローとして6億8400万ドル,フリー・キャッシュ・フローとして5億2500万ドルを創出した。

 事業別に見ると,eBayサイトなどを含むMarketplaces事業の売上高は12億7000万ドルで前年同期から16%減少。ネット決済のPayments事業は6億2300万ドルで前年同期比11%増。IP電話「Skype」のCommunications事業は1億4500万ドルで同26%伸びた。Skypeは3500万人の新規ユーザーを獲得し,登録ユーザーの合計が4億500万人を超えた。

 2008年通期の業績は,売上高が85億4000万ドルで前年から11%増加した。GAAP(米国会計原則)ベースの純利益は17億8000万ドル(希薄化後の1株当たり利益は1.36ドル)。営業利益率は24.3%。営業キャッシュ・フローは28億8000万ドルで,フリー・キャッシュ・フローとして23億2000万ドルを創出した。

 2009年第1四半期の業績見通しについては,売上高が18億~20億5000万ドル,希薄化後の1株当たり利益が0.21~0.23ドルと予測している。