PR

 NTTデータは2009年1月22日、XBRL(拡張ビジネス・レポーティング言語)の普及を目的としたサイト「XBRL Gateway」を開設した。XBRL形式の複数の情報を比較可能な形で表示するソフト「XBRL-Viewer」などを無料で利用できる。

 XBRL-Viewerを利用すると、日本企業約100社の2005~2007年度の財務情報を表形式で並べたり、グラフで表示したりすることができる。NTTデータが複数の業種から任意で企業を選択し、金融庁の電子開示システム「EDINET」からHTML形式の財務情報をダウンロードしてXBRL形式に変換した。

 NTTデータはXBRLを使ったサービスやアプリケーションを提供・販売しており、「無料サービスを通じてXBRLを広く普及させ、将来のビジネスにつなげていきたい」(広報)としている。XBRL Gatewayの開設やソフトの開発には、XBRL関連ビジネスに力を入れている富士通と米UBmatrixの支援を受けた。