PR
鎌田富久氏(撮影:新関 雅士)
鎌田富久氏
(日経コミュニケーション
編集長インタビュー
より)
撮影:新関 雅士

 携帯電話や家電のWebブラウザやOSを手がけるACCESSは2009年1月23日,現取締役副社長最高技術責任者(CTO)が代表取締役社長兼共同最高経営責任者(Co-CEO)に就任すると発表した。2009年2月1日付けで就任する。現代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の荒川亨氏は代表取締役兼CEOとなり,定款を変更し会長職を新設した上で代表取締役会長兼CEOに就任する予定。

 ACCESSでは「業容・事業分野拡大の中で,グローバル・ビジネスを機動的に展開して行くため,代表取締役を2名体制とすることで経営体制の更なる強化を図る」としている。

 鎌田氏は1984年,東京大学大学院在学中に,現社長兼CEOの荒川亨氏とともにアクセス(現ACCESS)を設立。1989年に東京大学理学部情報科学科博士課程終了。理学博士。米国子会社ACCESS Systems AmericasのCEOも務めている。