PR

 Rubyアソシエーションは2009年1月26日,「Rubyアソシエーション運営委員会」を設立した。同委員会は伊藤忠テクノソリューションズ(CTC),サン・マイクロシステムズ,楽天,イーシー・ワン(ECone),ネットワーク応用通信研究所(NaCl)の5社で構成する。委員会の設立により,Rubyをエンタープライズ分野において安心して使える環境を整備するための活動を行うとしている。

 Rubyアソシエーションは,Rubyの作者である,まつもとゆきひろ氏が理事長を務める合同会社。Ruby公式サイトやメーリング・リストの運営,Ruby技術者認定試験を行っている。

 運営委員会は具体的な活動として,Rubyの開発や保守の支援,アプリケーション・ライブラリなどの開発補助(グラント),イベント開催,開発会社の認定制度の整備を行う。開発会社の認定制度は,「Rubyアソシエーション認定システムインテグレータプログラム」としてすでに開始している。

 まつもとゆきひろ氏は「個人の趣味で作ったプログラミング言語のRubyがこのように広く興味をもってもらえ,Rubyアソシエーション運営委員会が設立されたことに大変感謝している。今後はRubyの技術面にも注文をつけてほしいし,その実現に向けコミュニティに対し働きかけていきたいと考えている」と述べる。

 CTCはRubyアソシエーションより委託を受けRuby技術者認定試験を実施しているほか,グループ会社でRubyの教育事業を行っている。サン・マイクロシステムズは,Java VM上でRubyプログラムを実行するJRubyの開発を支援している。楽天は,まつもとゆきひろ氏を楽天技術研究所のフェローとして迎え入れているほか,楽天市場でRubyを利用している。EConeは,Rubyを利用したシステム構築などの事業を展開している。またECone代表取締役社長の最首英裕氏は,Rubyによるビジネスのノウハウを共有するコミュニティであるRubyビジネス・コモンズの会長を務めている。NaClは,1997年よりまつもと氏が所属し,業務としてRubyの開発を行ってきた。