PR
[画像のクリックで拡大表示]

 PLM(製品ライフサイクル管理)ソリューションを手掛けるPTCジャパンは1月26日、マイクロソフトの「SharePoint」を活用してCADデータなどの情報を共有できるようにする製品「Windchill ProductPoint」を、国内でも正式にリリースすることを発表した。大企業の部門向けのほか、中堅・中小ユーザーの市場開拓を狙っており、パートナー販売を中心にしていく。自社のチャネルだけでなく、マイクロソフトのチャネル経由での販売も視野に入れている。

 Windchill ProductPointは、SharePoint上で活用するもので、PTCの3次元CAD製品「Pro/ENGINEER」、ビューワー「ProductView」などを使える。大企業向けのPLMである「Windchill」とも連携するほか、他社製のCADデータも共有できるという。

 「これを使えば、社内外で簡単にコラボレーションできる。いわば“ソーシャル製品開発”を目指したものだ。海外では既に昨年末から発売しており、ユーザー企業も増えている。数週間で稼働するため、手軽に導入できる」(Windchill ProductPointプロダクトマネジメント担当のリー・ガーフ バイスプレジデント、写真)

 ライセンス価格は、管理者機能も含むヘビーユーザー向けが21万円で、一般用であるライトユーザー向けが10万5000円。