PR

 データ・センター事業大手のソフトバンクIDCは2009年1月27日,中小企業向けのSaaS(software as a service)型アプリケーション・サービス「NOAH」(No Other Application and Hardware)の提供を開始したと発表した。

 SaaS型アプリケーション・サービスでは,Webなどをベースにネットワーク経由でアプリケーションの機能をサービスとして提供する。システムの開発費や購入費,保守費用が要らないため,システム構築・運用の費用や負荷を軽減したい中小企業を中心に,こうしたSaaS型サービスの利用が増えると同社は見ている。

 今回のサービスでは,Webベースで提供される複数のアプリケーションを自由に組み合わせて利用できる。利用できるアプリケーションは,グループウエア,顧客対応システム,営業支援システム,企業内ブログ,企業内SNS,Webメール,大容量データ送信,迷惑メール・ブロック,ウイルス・チェック,スパム・フィルタリング――の10種類。グループウエア,顧客対応システム,営業支援システム,企業内ブログなどのアプリケーションには,ネオジャパンの「desknet'sシリーズ」を採用している。同社は今後,アプリケーションの種類をさらに増やしていくとしている。また,顧客に応じたカスタマイズも引き受けるという。

 新規利用には,アプリケーション・サーバーと1種類以上のアプリケーションを申し込む必要がある。また,各アプリケーションでは少なくとも10アカウントからの契約となる。アプリケーション・サーバー(ディスク容量が20Gバイト)の初期費用は5万2500円,月額料金は2万1000円。アプリケーションについては,例えばグループウエア(desknet'sスタンダード版)の場合,初期費用が1万500円,1アカウント当たりの月額料金が525円となる。

 なお,サービス開始に当たり,最大2カ月間無償で利用できるトライアル・サービスを提供しており,実際に使い勝手を試せるようにしている。

[発表資料へ]