PR

 米Sun Microsystemsが米国時間2009年1月27日に発表した2009会計年度第2四半期(2008年10月~12月)の決算は,売上高が32億2000万ドルで,前期と比べ7.7%増加,前年同期比では10.9%減少した。会計原則(GAAP)ベースの純損失は2億900万ドル(希薄化後の1株当たり損失は0.28ドル)で前期の16億7700万ドル(同2.24ドル)から大幅に改善した。前年同期は2億6000万ドルの純利益(希薄化後の1株当たり利益は0.31ドル)を計上していた。

 粗利益率は41.9%で前期より1.7ポイント拡大したが,前年同期からは6.6ポイント縮小した。これらの数字には,リストラ関連費用2億2200万ドルが含まれる。

 特別費用などを除いた非GAAPベースの純利益は1億1400万ドル(希薄化後の1株当たり利益は0.15ドル)で,前期の同条件の純損失6500万ドル(希薄化後の1株当たり損失は0.09ドル)から黒字に転換した。前年同期の同条件の純利益は4億900万ドル(希薄化後の1株当たり利益は0.50ドル)だった。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,アナリストは非GAAPベースで1株当たり0.10ドルの損失を予測していた。今回の決算発表を受けて,同社の株価は時間外取引で前日比6.52%増の4.25ドルを付けたという。

 なお,同社は昨年11月に,全従業員の15~18%に相当する5000~6000人を削減する計画を発表した。これにより,年間7億~8億ドルの経費削減効果を見込んでいる(関連記事:Sun,最大6000人を削減へ,全従業員の18%に相当)。

[発表資料へ]