PR

 ソニーマーケティングは1月29日,KDDIの携帯電話機からインターネットを介して液晶テレビ「ブラビア」に画像を送信するサービス「〈ブラビア〉ポストカード」を3月下旬から開始すると発表した。遠隔地に住む家族や友人に簡単に画像とメッセージを送信できるようになるという。

 このサービスソニーマーケティングが開発・運営する「ライフログ・シェアリングサービス:Life-X(http://life-x.jp/lifex/)をプラットフォームとして利用する。Life-Xは,写真や動画,ブログなどのさまざまなデジタルコンテンツをインターネット上で一元管理し,かつ家族や友人など特定の相手と共有できる無料のWebサービスである。

 KDDIの携帯電話機で撮影した写真を,携帯電話機の「ブログアップ機能」によりあらかじめ送信先として登録しておいた〈ブラビア〉に簡単に送信できる。送信された写真とメッセージは,Life-Xのサーバーを経由することで,自動的にポストカードにレイアウトされる。送られてきたポストカードは,「アプリキャスト」機能(放送中の番組を閲覧しながらテレビ画面の右側にアプリを表示しインターネットの情報を閲覧できる機能)を利用し受信される。

 サービス利用には,「ブログアップ機能」を搭載するソニー・エリクソン製の携帯電話機(現時点では「Cyber-shotケータイ S001」「Walkman Phone, Premier3」「Cyber-shotケータイ W61S」「フルチェンケータイ re」のいずれか)と,2008年3月以降に発売したモデルのブラビアが必要になる。ブラビアはインターネットに接続している必要がある。利用料金は無料である。

[発表資料へ]