PR
写真1●事務局長を務めるマイクロソフト チーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏
写真1●事務局長を務めるマイクロソフト チーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●TBS 代表取締役専務の城所賢一郎氏
写真2●TBS 代表取締役専務の城所賢一郎氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●前列:情報セキュリティ レンジャーズの5人。後列:左からTBSの城所賢一郎氏,マイクロソフトの高橋正和氏,振付師のラッキィ池田氏,マイクロソフト代表執行役副社長の堂山昌司氏,内閣参事官の関啓一郎氏,
写真3●前列:情報セキュリティ レンジャーズの5人。後列:左からTBSの城所賢一郎氏,マイクロソフトの高橋正和氏,振付師のラッキィ池田氏,マイクロソフト代表執行役副社長の堂山昌司氏,内閣参事官の関啓一郎氏,
[画像のクリックで拡大表示]

 ISPやベンダーなど13社が運営する「情報セキュリティ対策推進コミュニティ」事務局は2009年1月29日,情報セキュリティの啓発活動「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言2009」に関する説明会を開催した。説明会には,コミュニティ事務局企業を代表して,マイクロソフトと東京放送(TBS)が参加した。情報セキュリティ対策推進コミュニティは,情報セキュリティについて企業や団体が情報を交換し,一般への普及へ協力して取り組むためのコミュニティである。参加資格は特になく,参加費用も無料。2008年には178の企業・団体が参加したという。

 「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言!」は,情報セキュリティ対策推進コミュニティに参加する企業・団体が協力して,情報セキュリティの重要性を一般に広めようという活動だ。活動3年目に当たる2009年(活動期間2009年2月1日~2010年1月31日)は,新たにTBSがコミュニティ事務局企業に加わった。コミュニティ事務局長を務めるマイクロソフト チーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏(写真1)は「2009年はTBSの参加で,より活動の幅が広がる」と期待を示した。

 TBS 代表取締役専務の城所賢一郎氏(写真2)は,TBS社内での情報セキュリティ対策について「テレビ局の社内は秘密だらけなので,PCなどのセキュリティは徹底している」と述べた。一方で,強固な対策を講じているにも関わらず,「TBS的にかなり重要な秘密」(城所氏)である女子アナウンサーのスッピン(化粧をしていない顔)がネットに流出してしまったエピソードも披露。また,コミュニティ事務局参加の動機については「他社とセキュリティ対策についての情報交換ができる参加費無料のコミュニティがあると知り参加した」(城所氏)と述べた。

 TBSでは「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言!2009」のキャンペーン・ソングの制作も手掛ける。今回の説明会では子供5人のグループ「情報セキュリティ レンジャーズ」(写真3前列)がキャンペーン・ソング「WANT TO BE SAFE!」を披露した。この曲では,「罠,罠,罠… 罠なのよ~~ん」といった子供にもわかりやすい歌詞と,インパクトの強い踊りで,情報セキュリティの大切さとインターネットの安全な使い方を表現している。曲の振り付けを手掛けたラッキィ池田氏(写真3後列の中央)は「インターネットを使うときに,踊りと歌詞を思い出してほしい」と述べた。

 またTBSは,2月2日の情報セキュリティの日に因み,情報セキュリティについて親子で学ぶイベント「知っとく!なっとく!親子トクトク情報セキュリティ・ワークショップ」を企画。同イベントは,TBS,マイクロソフト,Yahoo!JAPANの3社の主催で,2009年2月7日と8日の2日間,赤坂のTBS放送センターで行われる。対象は小学校4~6年生とその保護者。TBSのサイトからイベントへの参加申し込みができる。