PR

 市場調査会社の米iSuppliは米国時間2009年1月29日,カナダResearch in Motion(RIM)のタッチスクリーン搭載スマートフォン「BlackBerry Storm 9530」の推定原価は202.89ドルで,米Appleの「iPhone 3G」のそれを上回っているなどとする分析結果を発表した。iSuppliが分解して部品コストと製造コストを見積もった。米QUALCOMMのベースバンド・チップが使われていたという(関連記事:iPhone 3Gの推定原価は173ドル,粗利益率は従来機を上回る見通し)。

 BlackBerry Stormは,480×360ピクセル表示のタッチスクリーン付き3.25インチ画面や加速度センサーなどを備えるスマートフォン(関連記事:RIM,タッチスクリーン搭載の「BlackBerry Storm」を今秋に提供RIMのタッチスクリーン搭載「BlackBerry Storm」は嵐を呼ぶか)。

 米国では米Verizon WirelessがBlackBerry Stormを249.99ドル,米AT&TがiPhone 3Gを199.99ドルで販売している(関連記事:7月11日発売の「iPhone 3G」,AT&Tが米国の販売価格と料金プランを発表)。VerizonはiPhone 3Gに対抗するため,50ドルのキャッシュバック・サービスを用意した。

 iSuppliが見積もった原価には,特許/ロイヤルティ/ライセンス料やソフトウエア/輸送/マーケティングなどにかかわる費用は含まれていない。VerizonとAT&Tは販売報奨金をメーカーから得るため,実際の販売マージンを推定することは困難という。

[発表資料へ]