PR
写真1●和服姿のサイボウズ 代表取締役社長の青野慶久氏
写真1●和服姿のサイボウズ 代表取締役社長の青野慶久氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●亜細亜大学経営学部の横澤利昌教授
写真2●亜細亜大学経営学部の横澤利昌教授
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●「百年に一度の不況」という名の鬼に本気で豆を投げつける青野社長
写真3●「百年に一度の不況」という名の鬼に本気で豆を投げつける青野社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●サイボウズのキャラクター「ボウズマン」とともに恵方巻を食べる青野社長
写真4●サイボウズのキャラクター「ボウズマン」とともに恵方巻を食べる青野社長
[画像のクリックで拡大表示]

 サイボウズは2009年2月2日,グループウエア「サイボウズ Office 8」,およびWebデータベース「サイボウズ デヂエ 8」の販売を開始した。従業員数100~300人程度の中堅企業を販売ターゲットとしており,パスワードの期限設定や迷惑メールの振り分け設定など「中堅企業の要望に合わせた機能」(サイボウズ マーケティング部の野水克也部長)を多く盛り込んだという。

 また,Office 8とデヂエ 8の連携を強化した「Office 8 plus デヂエ」も発売する。Office 8のメニュー・バーにデヂエ 8のアイコンが追加されており,あたかもOffice 8の機能の一部のようにデジエ 8を使うことができるという。ただし,利用にはOffice 8とデジエ 8のライセンスが必要。

 さらに,Office 8の基本機能と追加機能をセットにした「業務改善セット」「モバイルセット」「フルセット」を用意する。

 業務改善セットでは,「デヂエ 8(新規プラン 20,本運用ライブラリ20個まで)」のライセンスを基本機能に追加した。モバイルセットでは,社内のOffice 8に携帯電話やモバイルPCからアクセスできる「サイボウズ リモートサービス(10ユーザー版)」「サイボウズ Office 8 ケータイ」を追加。さらにフルセットでは,両セットの機能に加えて,「サイボウズ Office ワークフロー」「サイボウズ Office 報告書」「サイボウズ Office プロジェクト」を追加して提供する。

 2月にサイボウズの会計年度初めを迎えた同社代表取締役社長の青野慶久氏は,和服姿で製品発表会に登壇(写真1)。「2製品の連携により『誰でも使えるグループウエア』から『何でもできるグループウエア』になる」と新製品をアピールした。

 Office 8とデジエ 8の発売を記念して,同社は,創業100年以上の企業(100年企業)の成功ポイントや,100年企業におけるグループウエアの活用事例をまとめた冊子「100年企業に学ぶ大不況時代を乗り切るIT虎の巻」を希望者に無料で配布する。冊子を監修した亜細亜大学経営学部の横澤利昌教授(写真2)は,100年企業の成功ポイントを「不測事態に対応するために情報共有すること」「業務改善のためにチームで創意工夫すること」と列挙し,それらを迅速に達成するために「グループウエアが活躍する」とまとめた。

 発表会の最後には,翌2月3日の節分の日にちなみ,青野社長が豆まき(写真3)と巨大恵方巻を食べるパフォーマンス(写真4)を披露した。

 Office 8,デジエ 8の価格は次のとおり。

表1●サイボウズ Office 8の価格(税別)
ユーザー・ライセンス数基本セット業務改善セットモバイルセットフルセット
10ユーザー版7万9800円12万9800円16万8000円30万8000円
20ユーザー版13万8000円18万8000円22万8000円44万8000円
50ユーザー版19万8000円24万8000円28万8000円59万8000円
100ユーザー版38万円43万円46万円105万円
200ユーザー版72万8000円77万8000円82万円192万円
無制限138万円143万円146万円350万円

表2●サイボウズ デヂエ 8の価格(税別)
(新規プラン 20~無制限は本運用ライブラリが20~無制限まで)
利用プラン価格(年間)
新規プラン 2010万円
新規プラン 6027万円
新規プラン 9042万円
新規プラン 12054万円
新規プラン 無制限60万円