PR

 スペースアルクの語学学習情報サイト「SPACE ALC」は2月2日、オーバーチュアのコンテンツ連動型広告「コンテンツマッチ」による広告表示を開始した。同サイトで提供しているコンテンツと関連性の高い広告を掲載することで、広告収入の増加を図る。

 英和/和英辞書サービス「英辞郎on the WEB」の検索結果ページと各カテゴリーページの上部にコンテンツマッチ広告を掲載する。今後、掲載面を拡大するほか掲載形式の最適化にも取り組む。将来的には、ユーザーの興味/関心により近い広告を表示できるというオーバーチュアのクリック課金型広告「インタレストマッチ」(関連記事)に切り替える予定。

 これまでオーバーチュアが検索/コンテンツ連動型広告配信サービスを提供したネットサービスには、ソネットエンタテインメントのポータルサイト「So-net」(関連記事)や楽天のポータルサイト「インフォシーク」(関連記事)、リクルートの情報サイト「R25式モバイル」、ディー・エヌ・エー(DeNA)のゲーム/SNSサイト「モバゲータウン」(関連記事)、ミクシィのSNS「mixi」(関連記事)などがある。

■関連情報
・スペースアルクのWebサイト http://www.alc.co.jp/
・オーバーチュアのWebサイト http://www.overture.co.jp/