PR
電子ペーパーの設置例
電子ペーパーの設置例
[画像のクリックで拡大表示]
実験概要イメージ
実験概要イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通、富士通フロンテック、ソフトバンクテレコム、毎日新聞社の4社は2月4日、カラー電子ペーパーによるコンシューマ向け情報配信サービスの実証実験を開始した。不二家レストランの錦糸町テルミナ店(東京都墨田区)内のカラー電子ペーパー端末に新聞/広告コンテンツを配信し、利用者の反応、顧客満足度向上に対する効果、運用時の課題などを調べる。実験は2月13日まで行う。

 富士通フロンテックのカラー電子ペーパー端末「FLEPia(フレッピア)」4台をテーブルに設置し、来店者に開放する。自由に操作して「毎日小学生新聞」などを読んでもらうほか、非操作時にはビル内店舗や不二家レストランの販促情報、JR時刻表、天気予報といったコンテンツを自動表示する。コンテンツ用データは、ソフトバンクテレコムの公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」で配信する。

 電子ペーパーは、静止画像データ表示中の電力供給が不要で、書き換え時にのみわずかな電力を使う。反射光だけで表示内容を読み取れるため、バックライトも必要ない。液晶ディスプレイ(LCD)に比べ消費電力が少なく、バッテリ駆動が可能でテーブルに電源配線を施さずに設置できる。バッテリはレストランの営業時間中に再充電することなく運用できるという。

 富士通グループは今後、電子ペーパーベースの個人/法人向けソリューションをさまざまな分野に展開していく考え。

■関連情報
・富士通のWebサイト http://jp.fujitsu.com/
・富士通フロンテックのWebサイト http://www.frontech.fujitsu.com/
・ソフトバンクテレコムのWebサイト http://www.softbanktelecom.co.jp/
・毎日新聞社のWebサイト http://www.mainichi.co.jp/