PR

 米Googleは,同社のWebメール・サービス「Gmail」のラベル機能に「Move to」ボタンやオートコンプリート機能などを追加した。同社エンジニアのEmil Eklund氏が米国時間2009年2月3日に公式ブログで明らかにした。

新しくなったメニューとボタン
新しくなったメニューとボタン

 Gmailでは,フォルダの代わりにラベルを使ってメッセージを分類する方式をとっている。今回追加した「Move to」ボタンにより,ラベル付けとアーカイブ作業を同時に実行できるようになった。これまでは,Inboxからメッセージを移動する場合,まず「More actions」メニューを使ってメッセージにラベルを付けてから「Archive」をクリックする必要があった。

 ラベルを追加または削除するだけの場合には,新しい「Labels」ボタンを使って操作する。また,オートコンプリート機能の追加により,多数のラベルを使用していている場合にも,最初の数文字を入力することで該当するラベルを選択できるようになった。

 このほか,キーボード・ショートカットを追加した。「Move to」は「v」キー,「Labels」は「l(Lの小文字)」キーでアクセスできる。これらのショートカットとオートコンプリート機能により,マウスを使わずにラベルの追加および削除が可能になるとしている。