PR

 NTTと同社の100%子会社であるNTTインベストメント・パートナーズ(NTT-IP,本社:東京都千代田区,社長:渡邊大樹氏),ソフトフロント(東京本社:東京都港区,社長:阪口克彦氏)は2009年2月4日,次世代ネットワーク(NGN)を活用したアプリケーション開発向けのソフトウェア開発キット(SDK)の開発や利用促進について,業務提携すると発表した。またNTT-IPは業務提携の関係強化を目的に,ソフトフロントに対し約9900万円の出資を行う。NTTは今後,NGNを活用したビジネスを検討する事業者らで構成する「次世代サービス共創フォーラム」を通して,アプリケーション開発者向けの支援を実施する計画である。

 ソフトフロントは今後,NGNのホームゲートウエイやUNI(User -Network Interface,利用者側の端末とネットワークを接続するためのインタフェース)に対応する「NGN用SIP-SDK」を,2009年5月を目途に開発・提供する。このSDKを利用することで,アプリケーション開発者はSIPの通信プロトコルや音声信号処理,メディア制御などの専門的な知識なしで,音声通話やビデオ通話機能を搭載したアプリケーションを開発できるようになるという。さらにソフトフロントは,共創フォーラム参加者向けにSIP-SDKの無償利用期間を6カ月程度設け,開発コミュニティでSIP-SDKに関する情報提供や開発支援などを行う予定である。

[発表資料へ]