PR
画面●Skype 4.0 for Windowsのビデオ・チャット機能
画面●Skype 4.0 for Windowsのビデオ・チャット機能
[画像のクリックで拡大表示]

 米eBay傘下のルクセンブルクSkypeは現地時間2009年2月3日,Windows用IP電話ソフトウエアの新版「Skype 4.0 for Windows」を正式リリースした。ユーザー・インタフェース(UI)を刷新し,ビデオ・チャット機能を強化した。同社Webサイトから無償でダウンロードできる。

 ビデオ通話を簡単に開始し,手軽にフルスクリーン表示に切り替えて,相手と顔を向き合わせながら会話が楽しめる(画面)。低速接続でも快適にビデオ通話が行えるよう,帯域管理機能を搭載した。接続速度が400Kbps以上で,デュアルコア・プロセサのパソコンとSkype認定高画質ウェブカムを使用している場合,毎秒30フレームの高画質でやり取りできるという。

 新たなオーディオ・コーデックを採用し,音声品質を保ちながら,従来の半分の帯域使用で通話を行えるようにした。帯域管理機能と新コーデックの連携により,接続状況の変化に対応して,安定した音質を維持する。

 音声通話,ビデオ・チャット,インスタント・メッセージングなど,異なる手段を使った複数の会話でも,タブ切替で簡単に対応することができる。単一のウインドウに複数の会話をまとめることも,会話ごとに個別の小さいウインドウを表示することも可能。

 対応OSはWindows 2000,XP,Vista。Windows 2000でビデオ・チャットを利用するにはDirectX 9.0 が必要。

[発表資料へ]