PR

 MVNO(仮想移動体通信事業者)の業界団体であるテレコムサービス協会 MVNO協議会は2月4日,携帯電話事業者がほかの携帯電話事業者のMVNOとしてサービス提供することに対し,「MVNOの趣旨に反する。認められるべきではない」と反対を表明した。これは同日にソフトバンクモバイルがイー・モバイルの回線を借りてデータ通信サービスを開始すると発表したこと(関連記事)を指していると見られる。

 MVNO協議会では,日本における周波数免許は,海外のように免許取得のためにオークションによる巨額の取得費用が発生しない。その代わりに周波数免許を持つ携帯電話事業者は,多様でかつ低額なサービスを利用者に提供し,利用者利益を実現する責務があると主張する。その上で,「周波数免許を持つ携帯電話事業者が,ほかの携帯電話事業者の周波数帯を借りることは,この責務を放棄することである」と批判している。

発表資料