PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ERP(統合基幹業務システム)パッケージ大手の日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(
村上智社長、写真)は2009年8月から、インフォア製アプリケーションのデータを集めて画面を生成する「Infor MyDay」の提供を開始する。あらかじめ登録してある利用者の役割と業務内容に基づいて、必要なデータをパーソナライズして表示する。

 Infor MyDayは同社製アプリケーションの既存顧客に対して無償提供する。同社のSOA(サービス指向アーキテクチャ)戦略である「Infor Open SOA」を実現するコンポーネントの第1弾という。この1年間で国内ユーザーのうち、80社が導入すると見込む。

 このほか、2月27日からERPパッケージのInfor ERP LN(旧Baan ERP)の機能拡張パック「Infor ERP LN Feature Pack5」の提供を開始する。顧客からの要望が多かった、「ベンダー主導型の在庫管理」「複雑な業務委託」「アフターマーケットサービス」などの機能を追加できる。価格は1指名ユーザー当たり25万円から。