PR

 セプテーニは2月5日、主に中国語の検索サイトやディレクトリサイトへのWebサイト登録申請を代行する「中国検索エンジン・ディレクトリ登録代行サービス」を開始すると発表した。中国/日本向けオンライン広告事業を手がける北京龍楽広告(北京ログラス広告)の協力を得て提供する。中国語圏での露出度/認知度向上を図り、検索エンジン最適化(SEO)効果が期待できるという。

 「Yahoo! China」や中国の百度(Baidu)傘下の「HAO123」、米Google傘下の「265.com」といった検索サイトに加え、中国/香港/台湾を対象とするオンラインディレクトリの合計51サイトに登録を申請する。

 SEOを考慮した文章の作成と、中国大陸向けの簡体字中国語、香港/台湾向けの繁体字中国語、欧米など向けの英語への翻訳作業も行う。SEO効果を高めるサイト修正案も作る。料金は申請対象先の数などによって異なり、1URL当たり15万円から。ただし、申請後の審査に1カ月程度かかることや、審査に通過しない場合もあるとしている。

■関連情報
・セプテーニのWebサイト http://www.septeni.co.jp/
・北京龍楽広告のWebサイト http://www.bjlogras.com/