PR

 日本オラクルは2月5日、CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)ソフトの新版「Siebel CRM 8.1.1」を出荷した。新版は、ポイントサービスや会員向けサービスといった「ロイヤルティー管理」や、Webサイトで顧客自身が情報を登録するなどの「セルフサービス」といった100以上の機能を強化した。「従来、個別に開発することの多かった機能を統合することに意味がある。一つのソフトで、顧客ニーズに即した形で、マーケティングから営業活動、サポートまでできるのは当社だけだ」(松瀬圭介セールスコンサルティング統括本部CRM SC本部部長)。

 中でもオラクルが注力したのはロイヤルティー管理機能。航空業界や小売り業界といったポイントサービスで先行する業種のノウハウを取り入れた。例えば、新たにポイントサービスを設計しようとする場合、ポイントの付与方法など決めるべき項目を一覧表示。表示された項目を入力してくだけで、新しいサービスを開始できるようになるという。

 セルフサービス機能は、既に独自開発されているものもあるが、今回の新版では顧客情報を統合できる点を訴求していく。「個別に開発すると、顧客データや顧客の購買履歴などを統合管理するのが難しい。CRMは顧客をあらゆる角度で管理できなければ意味がない。統合のメリットを訴求したい」(松瀬部長)。

 Siebel CRM 8.1.1の価格は、1ユーザー当たり13万1250円から。