PR
受信トレイを複数ペインに分割して表示する新機能「Multiple Inboxes」
受信トレイを複数ペインに分割して表示する新機能「Multiple Inboxes」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleのソフトウエア技術者Octavian Costache氏は米国時間2009年2月5日,同社のWebメール・サービス「Gmail」で,受信トレイを複数ペインに分割して表示する新機能「Multiple Inboxes」を追加したことを公式ブログで発表した。ラベルなどの条件に応じてメール一覧画面を分類して表示できる。Gmailに実験的機能を追加する「Gmail Labs」から試用が可能。

 同機能を有効にすると,通常の受信トレイと並んで,最大5つのペインを表示できるようになる。各ペインには,ラベルやスターを付けたメールや検索条件に一致したメールなど,指定条件に応じてメールを分類して表示できる。下書きのメールを表示することも可能。ペインの表示位置は,受信トレイの上,右,下のいずれかを設定できる。

 同機能は,英語版のGmail Labsで有効にできる。Gmailの「Settings」メニューから「Labs」タブを開き,「Multiple Inboxes」を「Enable」にして,画面下部の「Save Changes」ボタンをクリックする。設定は,「Settings」メニューの「Multiple inboxes」タブで行う。

 日本語版GmailはGmail Labsに対応していないが,「設定」メニューで「Gmail表示言語」を一時的に英語に切り替えてから上記設定を施すと,日本語に戻した画面でも複数ペイン表示が維持される。設定は,「設定」メニューの「マルチ受信トレイ」タブで行える。

[Gmail公式ブログの投稿記事]