PR

 米Microsoftは米国時間2009年2月9日,中規模企業向けERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Dynamics AX 2009」でエネルギー消費量と温室効果ガス排出量を測定できる新機能「Environmental Sustainability Dashboard」を発表した。同ソフトのユーザーは無償で利用可能。毎日の業務が環境に与える影響を把握し,エネルギー消費とコストの削減に役立てられる。

 Environmental Sustainability Dashboardでは,支出管理や資産管理などのビジネス・プロセスの中で環境関連のデータを自動的に収集する。国際的ガイドライン「Global Reporting Initiative」の基準に従い,天然ガスなどによる直接的なエネルギー消費量,電力の購入などによる間接的なエネルギー消費量,エネルギー消費による温室効果ガス排出量,通勤や移動などによる温室効果ガス排出量の4つの指標で,環境への影響を測定できる。

 計測したデータは,従業員向けの情報画面「Role Center」に表示したり,「Microsoft Office SharePoint Server」などの関連製品を用いて共有できる。これにより,環境問題に対する従業員の意識と関与を強め,グリーン化への活動やエネルギー消費削減などの取り組みを全社的に促進できるとしている。

[発表資料へ]