PR

 スカパーJSAT は2009年2月12日,2008年度第3四半期(2008年4~12月期)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比19.2%増の1078億4600万円,営業利益は同27.9%増の122億8700万円,経常利益は同17.5%増の111億5400万円,純利益は同70.6%減の32億800万円だった。

 有料多チャンネル事業における累計加入者を基盤とした収入や,衛星事業における安定した顧客基盤からの収入などが堅調だったため,今期の連結売上高は「好調に推移した」(スカパーJSAT)という。営業利益は,販売促進費や減価償却費,研究開発費などの減少により支出が抑えられたため,前年度の実績を上回った。純利益は,繰延税金資産計上に伴う法人税等調整額の計上により,前年度比でマイナスになった。