PR
写真●イリジウム衛星(イメージ写真)
写真●イリジウム衛星(イメージ写真)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本デジコムは2009年2月12日,米国のイリジウム衛星(写真)とロシアの通信衛星が2月10日の16時55分(世界標準時)にシベリア上空790kmにおいて衝突し,破壊されたと発表した。同社は,海外向けイリジウム衛星携帯電話サービスを提供している。

 今回衝突したのは,米イリジウムのイリジウム衛星(約560kg)と,ロシアの通信衛星「Cosmos2251」(約900kg)である。両衛星とも破壊され,数百の破片が衛星軌道上に散乱したという。これらの衛星より低い約350kmの軌道には国際宇宙ステーション(ISS)があるが,米航空宇宙局(NASA)の発表によると,現時点では衛星の破片による障害の恐れはほとんどないという。

 イリジウム衛星携帯電話サービスは,低軌道を周回する全66基のイリジウム衛星で提供されている。今回,そのうちの1基がロシアの通信衛星と衝突した。ロシアの通信衛星は,以前から機能を停止していたという。

 イリジウム衛星はサービスを提供している66基以外に,数基のスペアが常に打ち上げられている。イリジウムによると,30日以内にスペアのイリジウム衛星が破壊された衛星の位置に移動し,現状に復帰するとしている。また,静止衛星と異なり,イリジウム衛星は低軌道を高速で周回しているため,一つの地域で長時間サービスを受けられなくなることはない。ただし,一時的に通信できなくなる可能性はあるという。

[発表資料へ]