PR

 カカクコムは、携帯電話向け価格比較サイト「価格.comモバイル」用のWebアクセス解析ツールとして、オーリック・システムズの「RTmetrics」を導入した。サイト訪問者の行動を詳しく解析して把握し、ユーザー本位の視点でコンテンツ改善に取り組むとしている。

 価格.comモバイルは2008年7月、情報掲載店舗のモバイルサイトへのリンク表示を開始し、商品の比較/検討から購入に至る誘導手段を設けた(関連記事)。この導線を生かし、より快適な購買支援サービスと効果的な店舗向けマーケティング情報の提供する目的で、RTmetricsを導入したという。サイト訪問者のページ遷移状態や各種効果を測定する。リアルタイムなアクセス解析が行えるようになり、効果検証が迅速化したという。検索ロボットの巡回状況把握やキーワード解析を自動処理できるため、解析/報告業務の効率も向上したとする。

 同社は、グループ内の他サイトへのRTmetrics導入と、各サイト間の連携強化についても検討している。既に高級宿泊施設予約サイト「yoyaQ.com」への適用を開始している。

 RTmetricsはパケットキャプチャ方式の解析ツール。大規模なWebサイトでもリアルタイム解析が可能で、専用のサーバーなどをネットワーク上に設置するだけで導入できる。解析項目は目的に応じて設定可能で、解析にかかるコストと時間を削減できるという。Cookieを持てない携帯電話用Webブラウザからのアクセスについても、HTTPヘッダーを利用して解析できる。特殊なアプリケーション開発やサイト変更を実施することなく、携帯電話の個体識別番号をもとにして、特定ユーザーの行動遷移も解析可能。アクセスログを使う解析ツールだと困難な、複数サイト間の行動解析やPOSTデータ解析なども行える。

 価格.comモバイルの開設は1999年。検索可能な商品数は約2700万点以上で、月間ページビュー(PV)数は1億PV超という。

■関連情報
・カカクコムのWebサイト http://corporate.kakaku.com/
・オーリック・システムズのWebサイト http://www.auriq.co.jp/