PR
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソース・ソフトウエア(OSS)開発者のAaron Bockover氏は現地時間2009年2月12日,Linuxデスクトップ上で「Windows Media」コンテンツを再生するためのソフトウエア「Moonshine」(旧名称は「Pornilus」)を公開した。Webブラウザ「Firefox」と,メディア再生/リッチ・インタラクティブ・アプリケーション(RIA)表示用Webブラウザ・プラグイン「Silverlight」のオープンソース版である「Moonlight」の機能を利用している。

 Moonshineは,Linux版Firefox用のプラグイン・ソフトウエア。Moonlightを使い,Windows Mediaコンテンツ再生とWindows Media用JavaScript APIエミュレーションという機能を提供する。Webページに埋め込まれたビデオをFirefox内で視聴できるほか,Linuxデスクトップ用のWindows Mediaプレーヤを実現する。

 なお,米Novellが支援するOSSプロジェクトMono Projectは,米国時間1月20日に「Moonlight 1.0」の正式提供を開始した。Moonlightを利用すると,Linux/UNIX上のFirefoxでSilverlightコンテンツを動かすことができる(関連記事:「Moonlight 1.0」のベータ版が公開,Linux上でSilverlightコンテンツに対応MicrosoftとNovell,Windows/Linuxサーバー管理ソフトを2009年上半期リリース)。

 Mono ProjectのMiguel de Icaza氏によると,最新版の「Silverlight 2.0」に対応する「Moonlight 2.0」は現在開発中という。また,3月にネバダ州ラスベガスで開催される米Microsoftのカンファレンス「Mix09」で次版「Silverlight 3」の詳細が明らかになるとした。

[Moonshine(Bockover氏によるブログ投稿記事)]
[Moonshine(Icaza氏によるブログ投稿記事)]
[Moonlight 1.0(Icaza氏によるブログ投稿記事)]