PR
「Social Bar」の利用例
「Social Bar」の利用例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2009年2月11日,Webサイトにソーシャル機能を追加できるサービス「Google Friend Connect」の新機能を発表した。基本的なソーシャル機能をドロップダウン・メニューとして表示するツールバー「Social Bar」を提供する。

 Social Barでは,ユーザー登録とログイン,コメント入力欄とコメント一覧,サイトにログインしている他のユーザーのプロフィールなどを表示できる。

 ツールバーを追加するには,まずFriend Connectのページで自身のWebサイトのURLを入力して「Social Bar」をクリックする。次に任意のオプションを選択後,「Generate Code」をクリックし,自動生成されたコードを自身のWebサイトのHTMLファイルにコピー・アンド・ペーストする。

 Googleは,ソーシャル・アプリケーション用API「OpenSocial」を推進しており,Friend Connectも同APIに対応している。米大手SNSのFacebookも,外部SNSとの連携を後押しする同種の取り組みを行っている(関連記事)。