PR

 日本デジタル配信(JDS)は2009年2月13日,地上光伝送ネットワークによる受信方式を用いて全国のケーブルテレビ局へ配信しているCSデジタルハイビジョン放送サービスについて,2009年年4月1日から10チャンネルを追加,合計25チャンネルを配信すると発表した。

 JDSは,ケーブルテレビ事業者にとって差別化戦略につながるCSデジタルハイビジョン放送サービスを,他社に先駆けて2005年12月にスタートさせた。現在は16のケーブルテレビ事業者において,およそ160万世帯が視聴しているという。

 JDSは2009年秋にさらに20チャンネルを追加し,合計45チャンネル体制とすることを予定している。また現在の地上光伝送ネットワークによる配信に加えて,衛星伝送ネットワークによる配信も予定する。

[発表資料へ]