PR

 NECは2009年2月16日,米NovellのLinuxディストリビューション「SUSE Linux Enterprise Server」の販売を開始した。Red Hat Enterprise Serverより低価格なことから「サーバーを大量に導入するデータセンターや,サポートが必要だが価格を重視する企業」(NEC)を主な対象に販売する。

 NECは2005年からSUSE Linuxをハイパフォーマンス・コンピューティング(大規模科学技術計算)向けに販売してきたが,今回データセンターや業務システム向けに新たにSUSE Linux Enterprise Serverの販売を開始する。NECでは「Hyper-VによりLinuxとWindowsの混在環境の構築が容易になったことから,WindowsユーザーがLinuxを利用する機会が拡大する」と判断した。

 また,NECはSUSE Linux Enterprise Serverへの移行支援プログラムも提供する。ユーザーがSUSE Linux Enterprise Serverに移行するまでの間,ユーザーが利用中のLinuxに対するサポート・サービスを最大2年間行う。

 一方,Novellは米Microsoftと提携し仮想化環境での相互運用性向上などに取り組んでおり,WindowsとLinuxが混在する企業などに向け販売を強化する。今後,NEC,Nolvell,Microsoftの3社共同で,SUSE Linux Enterprise ServerとMicrosftの仮想化機能Hyper-V,NECのクラスタ・ソフトCLUSTERPRO Xの相互運用性を高め拡販していくとしている。

 希望小売価格は1wayサーバー用サブスクリプションが税別2万円など。現時点での対応サーバーはExpress5800の110Ge,110Ge-S,iR110a-1H,i120Ra-e1の4モデルで,順次対応モデルを拡大する予定。

 「商用Linux市場でのSUSE Linuxのシェアは世界的には3割程度あるが,日本では1割以下に留まっており今後拡大が期待できる」(NEC)としている。NECでは今後2年間で5000本のSUSE Linux Enterprise Serverの販売を見込んでいる。