PR

 電通とNTTは2009年2月16日,デジタルサイネージを使った実証実験を開始すると発表した。赤坂サカスや東京ミッドタウンといった商業施設や東京急行電鉄(東急電鉄)の車両内に設置したデジタルサイネージを利用して広告を配信。広告を表示する内容や場所,タイミングによって効果がどのように変化するかを検証する。実験期間は2月16日~3月15日まで。

 実験では,(1)商業施設,(2)鉄道車両内,(3)鉄道の駅にそれぞれ設置した液晶ディスプレイを利用する。(1)の商業施設としては,赤坂サカスや六本木ヒルズ,東京ミッドタウン,カレッタ汐留,ランキンランキン渋谷店,丸の内エリアにある丸の内ビジョン。(2)の鉄道車両としては東急電鉄の車両が対象となる。(3)の鉄道の駅は,東急電鉄の自由が丘駅と多摩川駅,西武鉄道の池袋駅,京浜急行電鉄の品川駅,羽田空港駅,横浜駅である。

 配信する広告は,花王,サッポロビール,日本コカ・コーラ,NTT,日本マクドナルド,パナソニックの6社のものである。効果測定の方法として,(1)デジタルサイネージに設置した顔認識技術を備えたカメラで広告を閲覧した人数をカウントする,(2)モニターへのアンケートで認識率を計測,のいずれかを利用する。