PR

 ケーブルテレビ(CATV)統括運営会社のジャパンケーブルネット(JCN,本社:東京都中央区,社長:近藤一朗氏)は2009年2月17日,下りの最大通信速度が160Mb/sの高速インターネットサービス「スピードスター160」コースを,2009年3月から提供開始すると発表した。月額利用料は6090円(税込み,CATVモデム利用料を含む)を予定している。

 今回のサービスは,最新のCATVネットワーク向けインターネット通信規格である「DOCSIS 3.0」のチャネルボンディング機能を使ったもので,4つの帯域をまとめて利用することで下り方向の通信速度を最大160Mb/sに高速化する。上り方向の通信速度は最大10Mb/sである。3月にJCNコアラ葛飾の一部エリア(松戸市)でサービスを開始し,4月以降JCNグループで順次サービスを開始する。

[発表資料へ]