PR
NaviLink 6.0チップと応用製品
NaviLink 6.0チップと応用製品
[画像のクリックで拡大表示]

 米Skyhook Wirelessは米国時間2009年2月16日,米Texas Instruments(TI)がハイブリッド測位システム「Skyhook XPS」をモバイル・チップに搭載すると発表した。両社の技術を統合したソリューションは,スペインのバルセロナで開催中の携帯電話展示会「Mobile World Congress 2009」においてデモが行われる。

 XPSは,Wi-Fiアクセス・ポイント,GPS(全地球測位システム),携帯電話基地局を検出し,データベースと照合して正確な位置を算出するソフトウエア。今回の提携により,TIのシングル・チップ・ソリューション「NaviLink 6.0」と「WiLink 6.0」にXPSが統合され,同日より利用可能となる。今後,他のTI製品にもXPSが組み込まれる予定。

 ITによれば,同社の接続技術は市場に出回っている数千万台の位置情報対応モバイル機器で採用されている。Skyhookの技術をNaviLinkやWiLinkに統合することで,より広い範囲でより正確な位置情報サービスを提供できるようになるとしている。

発表資料へ