PR

 ソフトバンクモバイルは2009年2月17日,第3.9世代の高速無線通信技術「LTE」(long term evolution)の屋外における無線実験局の免許を取得したと発表した。免許は16日に取得済みで,17日から茨城県水戸市内で電波伝搬特性や干渉特性を検証する実験を始めた。

 3つの基地局と3台の実験用端末を使い,屋外での電波伝搬,干渉,スループット,移動時の通信への影響,MIMO(multiple-input, multiple-output)機能などを評価する。実証実験用装置ベンダーは,華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)を選定している(関連記事)。

 ソフトバンクモバイルは,3.9世代であるLTEの前に,3.5世代のHSDPAを改良したHSPA+(HSPA Evolution)を導入する。2012年以降に再編されると見られる700M,900MHz帯の電波が利用できる状態になってから,LTEを導入する方針としている(関連記事)。