PR
HTC TOUCH DIAMOND2
HTC TOUCH DIAMOND2
[画像のクリックで拡大表示]
HTC TOUCH PRO2
HTC TOUCH PRO2
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾HTCは,タッチパネル搭載スマートフォンの新機種「Touch Diamond2」と「Touch Pro2」を,スペインのバルセロナで開催中の携帯電話展示会「Mobile World Congress 2009」において現地時間2009年2月16日に発表した。旧機種よりもディスプレイが大きくなり,同社の「TouchFlo 3D」インタフェースの最新版をWindows Mobile 6.1のカスタマイズ版に組み込むことで,より直感的な操作が可能になったとしている。

 両機種は,新機能としてWebページのダウンロードと表示の遅さを改善する同社の「Push Internet」技術や,連絡先ごとに音声,テキスト,電子メールの通信履歴をまとめて表示する機能を備える。この通信履歴は,通話中の着信画面に表示させることもできる。

 Touch Diamond2は,厚さ13.7mmの本体に3.2型ワイドVGAディスプレイとオートフォーカス対応の500万画素カメラを搭載し,加速度センサーや光センサーを備える。新しいタッチ・センシティブのズームバーにより,Webページや電子メール,写真などの表示を素早く拡大/縮小できるようになったほか,バッテリ駆動時間が旧機種より50%長くなった。

 一方,ビジネス・プロフェッショナル向けのTouch Pro2は,3.6型ワイドVGAディスプレイとQWERTY配列のキーボードを搭載。同社の「Straight Talk」技術により,スピーカフォンとしても利用できる。また,Diamond2と同じようにタッチ・センシティブのズームバーのほか加速度センサーや光センサーを備え,バッテリ駆動時間も長くなった。

 Touch Diamond2は,欧州とアジア市場において2009年第2四半期に発売される予定。それ以外の地域では同年中に発売となる。Touch Pro2は,同年夏に世界の主要市場で発売される。

発表資料へ